早口言葉の練習6

ア行

アイウエオ

アエイウエオアオ

①青海原も、こう毎日続くと、飽き飽きする。

②青息吐息、慌てて駅へ駆けつけた。

③あら、雨だ相合い傘で帰りましょう。

④石井さんがいちいち異論をはさむので、いわせた人達がいやな顔をしていた。

⑤いざという時の用意まで至れり尽くせりのお心づかい有り難う。

⑥絵をかきたいので駅前の店で絵の具と色鉛筆を買った。

⑦お綾や親におやまりと大家にお言い。

カ行

カキクケコ

カケキクケコカコ

ガギグゲゴ

ガゲギグゲゴガゴ

キャ ケ キ キュ ケ キョ キャ キョ

①貸客船の旅客が火災訓練

②第五交響曲に観客驚愕

③特許許可局局員が日本銀行国庫局を訪問

④不合理な新原理に現場はゲラゲラ

⑤山形小学校出身の尾形参議院が音楽会に出席

⑥話し言葉は消ゴムがききません。

⑦親も、嘉兵衛、子も嘉兵衛、親嘉兵衛癇癪起こして子嘉兵衛にお小言

サ行

サシスセソ

サセシスセソサソ

ザジズゼゾ

ザゼジズゼゾザゾ

シャ シェ シ シュ ショ シャ ショ

ジャ ジェ ジ ジュ ジョ ジャ ジョ

①新設診察室視察。

②瀕死の使者、必死に疾走。

③指揮する指揮者。

④佐瀬佐助さんは親切な先生、佐々木佐吉くんは背の低い生徒。

⑤小生は誠心誠意、本成案、即時実施に賛成する。

⑥陸上競技総合選手権大会の壮年の部でソゴウ壮介氏が総合優勝した。

⑦すす掃きをしていたら知らず知らずに顔がすっかりすすけてしまった。

タ行

タチツテト

タテチツテトタト

ダヂヅデド

ダデヂヅデドダド

チャ チェ チ チュ チェ チョ チャ

チョ

①この竹垣に竹たてかけたのは、竹たてかけたかったから竹たてかけた。

②地鎮祭まで順調だったがその後の建築は遅々として進まない

③津波が続いて来るかも知れないので船をつなぐ綱をかたくつないでおくこと

④その土の特性をもうちょっと秩序だてて語って下さい。

⑤都会に出た子供に時々手紙を書くように伝えてほしい。

⑥鼓と小鼓をひと包みにして小包で出した。

⑦とてつもなく高い東京タワーの展望台に立ってただただびっくり

ナ行

ナニヌネノ

ナネニヌネノナノ

ニャ ネ ニュ ネ ニョ ニャ ニョ

①なんぼなんでもこんな目にあうなんてなんの因果なの

②抜け道を抜けていこうと思ったら、通り抜けお断りと書いてあって抜けられなかった。

③西隣の庭の楡(ニレ)の根は引き抜きにくい。

④あの女の人の縫うぬのの名はなに?あのぬのは名の無いぬのなの?

⑤根も葉もない話なんか願い下げです。

⑥なにごとも単なる真似にならないよう学ばねばなりません。

⑦のどかな野天で野立てのお茶はいかが。

ハ行

ハヒフヘホ

ハヘヒフヘホハホ

バベビブベボバボ

パペピプペポパポ

ヒャ へ ヒ ヒュ へ ヒョ ヒャ ヒョ

ビャ べ ビ ビュ べ ビョ ビャ

ビョ

ピャ べ ピ ピュ ぺ ピョ ピャ

①司書と秘書が秘書室でひそひそ話。

②北北東の風が強く強風波浪注意報が出ています。

③日比谷と渋谷で各候補者が街頭演説。

④人の非は非とぞにくみて非とすれど

吾が非は非とぞ知れど非とせず。

⑤婦人警官が普請場(ふしんば)にいた不審な男にふいに声をかけられた。

⑥文士劇、文豪美女を無事つとめ。

⑦広島の紐で火鉢をしばる

マメミムメモ

マメミムメモマモ

ミャ ミェ ミ ミュ ミェ ミョ ミャ

ミョ

①馬の耳に念仏

②寝耳に水

③曲がりくねった道を出ると又曲がるのでまぎらわしい

④南区の皆々様は身分証明書を見せて下さい

⑤桃野さんの姪はめったに来ないが珍しく目先のきく人だ

⑥すももも 桃ももう熟れたから

もう売れよう

⑦物真似のうまいママの姪、お前の真似もお前のママの真似もみんなうまい

ヤ行

ヤイユエヨ

ヤエイユエヨヤヨ

①弥生三月、吉野の夜桜

②高い山と山の間に挟まれた山あいの谷で

やまめ釣りをしたがやまめ釣れなかった

③雪道をゆっくり歩いて有料試写会に行こう

④養護学校で洋裁の要員4名を募集中

⑤優先権をもっているためかゆうゆうとしている

⑥宵のうちにお湯屋に行こう いい湯だよ、あの湯屋は

⑦やいやい言われ、いやいやながら、家にいよいよ売ることにした

ラ行

ラリルレロ

ラレリルレロラロ

リャ レ リ リュ レ リョ リャ リョ

①利己主義者の利権者が利益ばかり力説した

②連戦連勝きょうも楽勝かと思ったらライトの落球でわからなくなった

③老練な理論家だけに理路整然と理論的に議論する

④ラジオドラマのリハーサルでロレツがまわらなかった

⑤イライラするから笑われる、照れるからからかわれる、ダラダラするからあなどられる

⑥とろろ芋をとる苦労より、とろろ芋からとろっとするとろろ汁をつくるのに苦労する

⑦ラジオから流れてきた音楽番組「きらめく星座」、かろやかなリズムとメロディーで構成されている。

ワ行

ワイウエオ

ワエイウエオワオ

①わなにかかった鰐

②青葉若葉のわが庭に若木がいっぱい

③丹羽さんが、お岩にお会いしてお祝いを言った

④山葵(ワサビ)じょう油で食べるといいとわざわざ竹輪を持ってきた

⑤岩をゆわえる縄はわら縄では弱いわよ

⑥わしの家のわしの木に鷲が止まったからわしが鉄砲で鷲をうったら鷲も驚いたがわしも驚いた。

⑦わたくしは若い頃和歌山県和歌山市で侘しい渡し守をしていた

Follow me!