石巻専修大学でブロッコリーからDNAを取り出す

ブロッコリーからDNAを取り出す実験は予想以上に時間がかかった。
①ブロッコリーを大根おろし器ですりおろす。

②ゆっくりとごますりですりつぶす。
③すりつぶしたブロッコリーをガーゼに包み汁をビーカーに搾りだす。

④③で作った液を試験管に入れて、少しずつエタノールを垂らしていく。5分間待つ。そして、残りのエタノールを入れる。

⑤1時間待つとDNAが試験管から現れる。

文で説明するとざっとこんな感じですが、結構時間がかかり大変でした。

②の作業はミキサーを使用するとDNAを採取できなくなるので、ごますりで5分間ゆっくりとすりつぶしました。

③の作業もブロッコリーをそのまま握りつぶしたらいいのではないかと思いましたが、それをするとうまくDNAが採取できないために左親指、左人差し指で上の部分をしっかり持ち、右手でねじ込み、汁をゆっくりと出していく。

④の作業が一番気を使った。スポイトを使いエタノールを少しずつ垂らしていく。
エタノールをいっぺん入れると③の液と混ざってしまうためにDNAが採取出来なくなるので慎重に行った。
そして、一時間後にDNAが完成した。

DNAはひとつひとつの作業が正確に出来ていなかったために、上手く作れなかった。

この実験は丁寧にしっかりと作業していくことが大事だと思いました。

この実験をしていて思ったことがあります。

数年前に理化学研究所のSTAP細胞の事件を思い出した。
この実験をしてみて、これだけの作業行程があると、どこかで省略したい。
そんなに時間なんてかけてられない。
仮に理論上では可能であっても、実験が実らないと先走る気持ちもあると思った。

石巻専修大学の学生さんへ研究頑張ってください❗

画像⑦のブロッコリーからDNAを取り出すときの説明文を書きます。

1.  -80℃で冷蔵庫保存したブロッコリー(約30㌘)を凍ったまま、花芽の部分をおろし金ですりおろす。茎の部分は残しておく。

2. すり鉢に薬さじ(スパーテル)で移し、すりこぎで押しつぶすようにして花芽の大きな固まりがなくなるようにする。

3. すり鉢の中のすりつぶした花芽に細胞溶解液25mlを加える。

4. スパーテルで1度だけゆっくりと攪拌し、5分間放置する。

5. ビーカーにのせた4重のガーゼの中央にスパーテルで静かに移す。ガーゼを巾着状にしぼって細胞溶解を濾(こ)す。

6. ろ液を50mlプラスチック遠心管に移し、冷やしたエタノール20mlを加える。(遠心管の壁を伝わらせて静かに重層する)。

7.  10分~60分間放置する。

8.  糸状のDNAを観察できたら、ろ紙の上に広げて乾燥させる。

細胞溶解液:20mMTrisHClpHClpH8-1MNaC1-10mMEDTA-0.1%SDS

最初に私が説明した文章はだいぶ違いますね。

もし、ブロッコリーからDNAを取り出すときは⑦の説明文を参考にお願いします🙇⤵

Follow me!